HRDNext経営戦略策定の手引き事業×組織×人材の戦略統合による新時代の企業成長論
HRDNext経営戦略策定の手引き事業×組織×人材の戦略統合による新時代の企業成長論

HRD株式会社 - Human Resource Development

2022.2.9 事例紹介

「変化の激しい時代に一歩先の価値を提供し続ける組織であるために」そこでなぜDiSC®を導入したのか。
NECソリューションイノベータ東海支社の事例から考える

Share This Post

自分自身の性格を省みる機会としても、DiSC®は有効だった

社員同士のコミュニケーションや相互理解を目的に行ったDiSCですが、「自分自身のスタイルや性格を考える機会になったのも大きな効果だった」といいます。

「たとえば私は強いDスタイルですが、それを見て思ったのは、知らず知らずのうちに社員に強く当たったり、ハッキリ言いすぎてしまったりということがあったのかもしれません。これから気をつけようと思いましたし、自身を省みる機会になりました」

今後は、新たに東海支社に加わったメンバーや新入社員にもDiSCアセスメントを行うとのこと。加えて、浅川氏はDiSCを東海支社以外の各支社にも広めていきたいと話します。

「DiSC®の導入に至った私たちの課題感は、大なり小なり共通していると思います。ひとつの例として、今回の取り組みを各支社に伝えられればと思っています」

管理職と現場の風通しを良くし、多様なアイデアが上に届くようにする。あるいは、リーダー層の意図や思いが現場に届くようにする。こういった取り組みが、これからの時代に必要な企業となるための一歩だと、改めて浅川氏はいいます。

「地域経済は課題が山積しています。私たちがお客さまとアイデアを出しながら、地域に寄り添う企業に、住みやすい社会に寄与する企業になっていきたいと思います。そのために、今回のような行動変容のためのDiSC活用の取り組みがあります」

以上が、東海支社の行ったDiSCの導入事例です。このような話を理解した上で、企業が行動変容や、コミュニケーション力に着目した組織力強化にどれだけ投資すべきかは、議論が起きやすいテーマではないでしょうか。このような個人のパーソナリティの違いは利益との相関が見えにくく、また本業の傍らで行わなければなりません。その中で、企業はどれほど組織力強化に時間と資金を割けば良いのでしょうか。

取材の最後、浅川氏にそのような質問を投げかけると、こう答えました。

「本来、事業戦略と組織戦略は一体であるべきです。そのため、事業戦略を実現するためにはおのずと組織力強化への投資が必要となるはずです。難しい判断にはなりますが、双方のバランスをとりつつ推し進めていくことが重要であると考えます」

“変化の激しい時代に一歩先の価値を提供し続ける組織であるために、組織力強化への投資は必須である” 東海支社が行った一連の施策には、そんなリーダーの決断がありました。

TOPへ戻る

前のページ 1 2 3 4
Share This Post

RELATED ARTICLES