HRD株式会社 - Human Resource Development

2021.4.27 EVENT

【DiSC事例】バーチャルワークプレイスにおけるEverything DiSC®による組織文化形成/GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社様

Share This Post

経営戦略としてのカルチャー変革と人事課題

久保田これらの取り組みは人事が主導となり、経営を巻き込みながら経営アジェンダとアラインさせて、それを実現するためにやってこられたと思います。そのプロセスも重要なポイントだと思いますので、共有していただけますか。

田中元々カルチャーの取り組み自体が経営戦略の一環であるということで、その流れとHRで課題感があったところがタイミング的にも一致したことがあります。どちらからというよりも、組織的なパートナーに関する課題感と、経営戦略的にいかに持続的に成長させていくか、先が見えないなかでどのようにして事業を作っていくかという点において、やはり組織が重要だとなり、経営層も考え始めたところでした。それがちょうど折り合ったのが、2017年頃でした。今は完全に経営も組織も一体となって進んでいます。

 第1弾のイベントは、いわゆる上層部が壇上から話をするスタイルでした。しかし、第3弾は完全にパートナーが参加型になり、専門性の高いライトニングトーク、事業のピッチなどを行い、アンケート結果も5点満点中4.44でした。これは、会社が主催するイベントの数字だと考えると、結構高いのではないかと思います。

 リモート化が進んだこともあり、今後はよりセルフマネジメントを強化する必要があると思います。自律が先か裁量が先かという話がありますが、私たちのoneカルチャーのなかでは、どちらかというと裁量を先に渡します。「信じているのでやってください」という感じです。しかしアンケートやパートナーの声からも、やはり個人差があると感じています。裁量はほぼ渡していますが、自律は環境が育てると言いますから環境づくりも怠らず、より支援していかなければならないと思っています。そこでセルフマネジメントの向上のために、DiSCを活用していこうと思います。

 現在、より幅広い目的にDiSCを活用するワークショップを始めています。今年は、セルフマネジメントコーチングにもDiSCを使っています。また、360フィードバック/フォワードを仕組み化していくので、そのための関係づくりにDiSCを使います。そして、チームビルディングもDiSCを活用し、定期的にアップデートしていくつもりです。2021年にはマイセルフマネジメントとチームマネジメントに、よりDiSCを活用していこうと考えています。

<<目次へ戻る>>

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ
Share This Post

RELATED ARTICLES