HRDNext経営戦略策定の手引き事業×組織×人材の戦略統合による新時代の企業成長論
HRDNext経営戦略策定の手引き事業×組織×人材の戦略統合による新時代の企業成長論

HRD株式会社 - Human Resource Development

2022.4.25 EVENT

AIアナリスト・エンジニアに求められるソーシャルスキル
『HRD Next 2021-2022 PROGRAM3 Day2_Session3』

Share This Post
“社会的・感情的スキル”の強化へ
 

ここで久保田がその取組概要を説明。
データサイエンティストに求められるスキルセット(参照ブレインパッド社の「データ活用人材育成サービス」)の“ビジネス力” “データサイエンス力” “データエンジニアリング力”に加え、組織マネジメント力の基盤をつくるための“社会的・感情的スキル”の強化をテーマとして、「マネージャー自身の自己認識を強化し、多様な人材を理解し、コミュニケーションを通じて成長を促すスキルの必要性や強化策を模索していきました」と話しました。

ここでは、「Everything DiSC® マネジメント・プロファイル」という心理アセスメントを活用。マネジャーとしての自己理解(セルフマネジメント)、“指示と権限移譲”などマネジメント手法への示唆(部下マネジメント)、上司との関係構築(ボスマネジメント)という、マネジャーとしてのコミュニケーション傾向に関するパーソナライズされたレポートが得られるアセスメントです。このレポートを基に、受検者同士がお互いの課題や悩みなどを話し合うワークショップも行っています。

この結果わかったことについて、受検した柳原氏が「自分自身のマネジャーとしての行動特性や強み・弱みが言語化でき、ほかのマネジャーと自身のマネジメントスタイルの違いが明らかになりました」とコメント。加えて、これから強化が必要なこととして、チームの強みの最大化を提示。そのためのメンバーの行動特性の理解と適切なコミュニケーション、および組織として意識的に伸ばす必要のある社会的・感情的スキルの習得を挙げました。また、マネジメントスタイルの強みに合わせたチームやテーマの選択にも言及しました。

⇒目次ページへ戻る

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ
Share This Post

RELATED ARTICLES