HRDNext経営戦略策定の手引き事業×組織×人材の戦略統合による新時代の企業成長論
HRDNext経営戦略策定の手引き事業×組織×人材の戦略統合による新時代の企業成長論

HRD株式会社 - Human Resource Development

2022.4.12 EVENT

企業変革を加速させる組織と人材の力
—事業成長に合わせて組織と人材像を再定義するための方法—
『HRD Next 2021-2022 PROGRAM3 Day1_Session3』

Share This Post

視聴者からのQ&A

ここで、視聴者からの質問を受けました。

「田渕さんは、360°サーベイで部下からのネガティブな評価にどのように対応されましたか?その後の部下の反応に変化はありましたか?」という質問に対し、田渕氏は「1年目は自分に余裕がなく受け容れるのは難しかったものの、振り返って指摘されたような伝え方をしていたと納得できました。ですので、感情的にならず最後まできちんと説明できるような努力をしているつもりです」と回答しました。

「MVVの体現と人事制度(昇降格など)を結び付けるには何が効果的ですか?特にチャレンジ意欲が少ない社員への対応を知りたいです」という質問に対し、西氏は「まず、チャレンジの方向性に理解はしているが納得していないという人は、納得感を高めるコミュニケーションが必要です。納得しているが活動に結び付いていない人の場合は、どう活動すればいいかのイメージが湧いていないのだと思います。そのやり方を示すことと、MBOなどで行動を握ることが必要です。それでも行動しない場合は、業務怠慢として対処するしかないでしょう」と回答しました。

次に「コミュニケーションとしての言葉はどのようにデータ化すればいいでしょうか?」との質問に、田渕氏は「音声認識でテキスト化はできても、そこに気持ちが入らないとなかなか伝わらないと思います。言葉は発した側ではなく、どう受け止められ、行動に変わったかに意味があるので、定性的なことも定量的なこともそこに表れると思っています」と回答しました。

最後に、田渕氏、西氏がそれぞれ本セッションの感想を述べ、終了しました。

TOPへ

前のページ 1 2 3 4 5 6
Share This Post

RELATED ARTICLES